+ SITE MENU +

固定ipアドレスによってVPN構築するとできることとは

ocnではNTTフレッツ回線利用者を対象にオプションサービスとして、固定ipアドレスの割り当てを行っています。この固定ipアドレスは、VPNを構築するために必要なものです。VPNを構築すると拠点間ネットワークが構築できます。これによってどのようなことができるのか、いろいろな選択肢が出てきます。

まずは自宅のネットワークにアクセスできるようになります。パソコンやスマホで自宅にVPN接続できるように設定した場合、この時点で一種プライベートな空間を作り出します。例えばパソコンやスマホをもって外出した際でも、VPNに端末が接続できれば、まるで自宅にいるかのように作業することが可能です。この規模を広げた場合、企業内のネットワークも簡単に構築できます。例えば外回りなどの際に、ネットワーク内のデータの取り出しなどもパソコンやスマホなどの携帯している端末で行えます。いちいちオフィスに戻ってこなくても、その場で作業できるのです。つまり、作業効率のアップが見込めるというわけです。

ネットワークは固定ipアドレスによってアクセスする形になります。VPNに接続した後のインターネット接続は固定ipアドレスを介しての通信です。このような状態でVPN接続する場合、ISPから提供されたIPアドレスを使った形になることができます。言うなれば、固定ipアドレスはカプセル的な役割になって包まれた形でアクセスできるのです。VPNサーバーを経由して固定ipアドレスの通信を行う形になるので、今まで以上にセキュリティについてもしっかり対策できます。

もしVPNを構築したければ、固定ipアドレスの割り当てを受けたほうがいいでしょう。第三者の不正アクセスを防ぐことも可能になります。情報漏洩などの対策をよりしっかり行うのであれば、固定ipアドレスの割り当てを受けてVPNの構築を進めましょう。ocnの固定ipアドレス申込の手続きも簡単です。